‘メッセージ’ タグのついている投稿

感謝を記す

2012 年 12 月 20 日 木曜日

何かを頼むとき、頼まれたとき
手伝ってもらったとき、
そんなときに出る感謝の言葉が「ありがとう」。
一日に何回「ありがとう」と感謝しているか。
今までに何回「ありがとう」と感謝しているか。
一時間で何回、一年で何回、一生で何回

「ありがとう」

と感謝の気持ちを伝えているか。
「ありがとう」は一回一回に気持ちが伝われば
何度でも使える言葉なんです。

セブンイヤーボールペン
今回紹介するのはインクの詰め替え無しで
7年間使えるボールペン「セブンイヤーボールペン」。
名前の通り、7年間書き続けても
インクが切れないボールペンなのです。
ニューヨークのデザイン会社「SELTZER」と
スイスのペンメーカー「Prodir」が共同開発しました。

セブンイヤーボールペンの大きな特徴は耐久性。
「直線にして毎日1.7m分筆記」という条件で
7年間使えるほどの大容量インクタンクを備えており、
なんと「ありがとう」と43435回書けるほどの実力!!

あなたが感謝を伝えた分だけ感謝をノートに記してみる。
43435回伝えた時インクがカラッポに・・・
そんなステキなボールペンいかがですか?
(文=K.I)

Lifehacker『7年使える「セブンイヤーボールペン」なら”ありがとう”が43435回書ける』より

子どもたちに笑顔を。夢の住人からのメッセージ

2011 年 7 月 1 日 金曜日
てをつなごうだいさくせん

てをつなごうだいさくせん

 被災地にいる子どもたち、お母さん、お父さん、若者達、おじいちゃんにおばあちゃん。がんばっているみんな。日本中の人達に、すこしでも元気になってほしい。そう思って、僕達は手をつなぎました。

 僕達を見て、笑顔になってくれたらうれしいです。どうか僕達の画像をみんなに届けて下さい。それが「てをつなごうだいさくせん」です。(メッセージ:槇原敬之)

 誰もが知っている、子どもたちに大人気のドラえもん、ミッフィー、どーもくんといった40をこえるキャラクター達が集まり、手をつなぐキャンペーンが行われている。発案者はNHKのマスコットキャラクターどーもくんのデザインを手掛けたアニメーション作家の合田経郎氏。
大好きなキャラクターたちが手をつなぎ微笑みかけることで被災地の人々、中でも子どもたちを少しでも笑顔にして安心を届けたい。という合田氏の想いからはじまった。より多くの人々にメッセージを伝えていくためにホームページでは、プリント用、モバイル用、バナー用などの各画像が用意されており、様々な方法でこの「さくせん」を広げていけるようになっている。

 今後も、新たな手をつなぐキャラクター達が増えていく予定。夢の世界の住人達からのメッセージが、辛い気持ちで今日を生きる子どもたちの心の支えになればと願う。

クマに寄せ書き

2011 年 3 月 30 日 水曜日

 地震のニュースなどを見て胸が痛む毎日でした。
そして強く思ったことが、自分の大切な人にちゃんと思いを伝えたい。自分のことを大切にしてくれている人達にも伝えたいと思いました。そんな事を思いながらふと見た3月14日の記事。メッセージなどを書き込めるくまのぬいぐるみ。

メッセージベア

メッセージベア

卒業・送別シーズンならではの商品かもしれない。私ならきっと大切な人たちへ「ありがとう」を伝えるために使うだろうと思った。この世に生まれてきた子供へ。私を生んでくれた両親へ。いつも仲良くしてくれる友人へ。

 いつも「ありがとう」と思っているけれどなかなか感謝の気持ちが伝えられない。人に何かを伝える仕事をしていながら、いざ自分のこととなるとなかなか難しい。このくまのぬいぐるみが代弁してくれるかな…

3/14日経流通新聞「売店チェック」より