‘デザイン’ タグのついている投稿

恐怖!天井から伸びる無数の手…

2019 年 9 月 1 日 日曜日

電車の中で目にする中づり広告。最近は奇抜な形をしていたり、触ってもらうことを前提として作られたりと、ユニークなものが次々と登場している。多くの乗客らの視線が常にスマートフォンに向けられていることが一因のようで昔ほど、乗客に見てもらえないことから、目線を上げてもらうために生み出されたアイデアだ。
そんな中吊り広告でも一際異彩を放つものが京都にあるそうだ。それは11月24日まで運行している京福電気鉄道嵐山本線、通称嵐電の「観音電車」。
電車自体もラッピング電車で外観もかなりぶっ飛んでいます。

さらに話題になっているといわれる中吊り広告はというと…

出典 withnews

出典 withnews

天井から垂れ下がる無数の金色の手。
通常の1枚紙ではなく、千手観音菩薩立像の腕20本ほどが、
天井からぶら下がっているような作り…

ade053ed-l

ツイッター上で「怖いけど好き」「印刷した後、カットするの大変そう」といったコメントが寄せられています。

…こんなん子供泣くわ。

京福電鉄管理部の広報担当の話では、
6年に及んだ保存修理事業を終えた仁和寺観音堂。堂内に安置された千手観音菩薩立像や二十八部衆立像などを特別公開中で、こうした動きに合わせて企画されたのが観音電車。
安全性や景観に配慮した上で(ほんとかよ…)、どのようなものにすべきかをデザイン会社と議論した中で、千手観音菩薩立像の腕を使った中吊り広告のアイデアが出たそうです。
「多くの人々を救う慈悲と力の広大さを表している千手観音菩薩様の腕を、乗客のみなさまに向けたことがメッセージです。インパクトだけで決めたわけではありません」 だそうな…

よいデザインかどうかは別として普段なら見られもしない広告が
話題になった時点で大成功だと思います。

デザイナーとしては一度実物のインパクトを体験してみたいもの。
夜の薄暗い車内に一人で乗るのは勘弁ですが。

富士山が沢山

2014 年 2 月 28 日 金曜日

「あっ!」

立ちよったコンビニで思わず声がでた。
富士郎

カップラーメンの山の中にカップラーメンの山を見つけたのだ。

この商品『サッポロ一番 富士郎 豚骨醤油ラーメン』は、具材の山盛りキャベツを富士山に見立て、さらに逆さカップで見た目も富士山に見立てたタテ型超ビッグサイズのカップ麺だという。いつも見慣れた商品を逆さにするだけでこんなインパクトを感じるとは!デザインってやっぱり面白い世界だななんてことを思いながら写メを撮る私にひと言…

「でも、隣のやつの方が美味しそう!」

友達は言い放った…。
インパクトだけでは購買には結びつかない…デザインは奥が深い。私も、いつかインパクトがあってしかも大ヒット!!そんなデザインがしたい!と思いながら、街中のおもしろデザイン探しはつづく。
(文=K.S)

一周回って、カッコイイ!

2014 年 2 月 1 日 土曜日

2年ぶりに復刻したアディダスの「スタンスミス
テニスプレイヤー、スタン・スミスの偉業を称えるべく、彼の顔がシュータンにほどこされたシンプルなホワイトレザーのシルエットのシューズは、1973年にテニスシューズとして誕生した。デビュー以来、ストリートでも人気を博し、 アディダス史上もっとも売れたシューズとして不動の地位を築く。

ショップ店員さんからきいた話だが、2年間マーケットから消していたにもかかわらず、発売初日に売り切れになるほどの人気っぷり。みんな一周回って「やっぱスタンスミスかっこいい」ってことに気付いたのだろうか。

私も高校生の頃、通学用に履いていましたが、今考えるとセーラー服にスタンスミスって、めちゃくちゃかっこいいじゃないか。と、かるく優越感。よいモノはよい。よいモノは繰り返される。そして真の定番になるのであろう。

さらに、おもしろいキャンペーン「Stan Yourself」
ツイッターにて#Stansmith のハッシュタグと@adiOriginals_jp のリプライを入れ、自分の顔写真を添えてツイートすると、抽選でタンの部分に刻印されたスタンスミスの顔が、なんと自分の顔にカスタムメイドされて届くというエクシクルーシヴなプレゼント企画!!

でも、抽選で当たってから顔をおくりたいなぁ。
愛猫の顔でもいいのだろうか。
キャンペーンはすでに終了してしまったので、シミュレーションしてみた。
スタンスミスイメージ

ももちゃん

 


(文・画像=Y.H)

YOUもKABUKI FACE!!

2013 年 12 月 27 日 金曜日

寒い日が続き、女子としてはお肌の乾燥が気になる今日この頃、こんなフェイスパックを使ってみてはどうでしょうか?

その名も、「歌舞伎フェイスパック
KABUKI FACE PACK

学生のアイディアを一心堂本舗が製品化、歌舞伎役者・七代目市川染五郎氏が監修という代物。この商品、想定以上の売れ行きでフェイスパックのメインターゲットである女性だけでなく、「海外の友人にプレゼントしたい」という理由や「くまどりを体験してみたくて」という動機で購入する男性も多いらしい。もうすぐお正月だし、夫婦・カップル・友達みんなでわいわい歌舞伎パックを楽しむのも良さそうですね。お肌も潤ってまさに一石二鳥!

いや〜学生のアイディアって面白い!
あっ!そういえば私も卒業制作で47都道府県のメイクを考案したなぁ〜。これはフェイスパックでもいける!愛知県なら「えびふりゃ〜パック」(八丁味噌美容成分配合)みたいな感じで47都道府県のご当地パックを制作したいなぁ〜。
製品化の需要があれば弊社K.Sまで、ご連絡お待ちしております(笑)
(文=K.S)

公式商品ページ『一心堂本舗・歌舞伎フェイスパック
※2013年12月現在、商品は売り切れ中です…m(_ _)m

感謝を記す

2012 年 12 月 20 日 木曜日

何かを頼むとき、頼まれたとき
手伝ってもらったとき、
そんなときに出る感謝の言葉が「ありがとう」。
一日に何回「ありがとう」と感謝しているか。
今までに何回「ありがとう」と感謝しているか。
一時間で何回、一年で何回、一生で何回

「ありがとう」

と感謝の気持ちを伝えているか。
「ありがとう」は一回一回に気持ちが伝われば
何度でも使える言葉なんです。

セブンイヤーボールペン
今回紹介するのはインクの詰め替え無しで
7年間使えるボールペン「セブンイヤーボールペン」。
名前の通り、7年間書き続けても
インクが切れないボールペンなのです。
ニューヨークのデザイン会社「SELTZER」と
スイスのペンメーカー「Prodir」が共同開発しました。

セブンイヤーボールペンの大きな特徴は耐久性。
「直線にして毎日1.7m分筆記」という条件で
7年間使えるほどの大容量インクタンクを備えており、
なんと「ありがとう」と43435回書けるほどの実力!!

あなたが感謝を伝えた分だけ感謝をノートに記してみる。
43435回伝えた時インクがカラッポに・・・
そんなステキなボールペンいかがですか?
(文=K.I)

Lifehacker『7年使える「セブンイヤーボールペン」なら”ありがとう”が43435回書ける』より

最先端技術なんかに負けないぜ!

2012 年 9 月 10 日 月曜日

新技術がどんどん登場する中、包装界の重鎮として
長年活躍し続けている「段ボール」。
その歴史は古く19世紀のイギリスで誕生し、
本来はシルクハット内側の汗取り用に使われていたそうです。
安価で丈夫、保温性まであるスグレモノ。
そんな段ボールが新たな挑戦を始めました。

IKEA段ボールカメラ

IKEA段ボールカメラ

これは4月の後半に行われたミラノのデザインウィークに登場した
IKEAのデジタルカメラです。ボディはIKEAの段ボール。
電源はIKEAの単三電池。内蔵メモリに40枚まで写真を保存でき、
左上のUSB端子でパソコンへのデータ転送にも対応しています。
実際の商品として登場するのはもう少し先とのこと。
古さと新しさを兼ね備え、シンプルな構造、外観でオシャレな
このカメラを持って、IKEA発祥の地スウェーデンで観光なんて
いかがでしょう。
(文=D.F)

デジカメWatch「IKEAの紙製デジタルカメラ「KNAPPA」を試す」より

震災とデザイン

2011 年 7 月 1 日 金曜日

 震災から数ヶ月たちました。
改めて東日本大震災で被災された方にお悔やみを申し上げます。

震災後、デザイナーに何ができるか?というような活動を目にする機会が増え、デザイン情報誌でも特集されている。私の属するグラフィックデザインの業界でも様々な方が活動してる。

しかし、そのほとんどが復興支援のポスターであったり、節電の呼びかけポスターであったり、Tシャツなどを作ってその売り上げを寄付するというやや間接的な支援が多い気がします。もちろん中にはそうではない活動をされている方もみえるし、上記のような活動が悪いとは思ってませんが、もっと直接貢献できるようなことがグラフィックの世界でできないだろうかと感じてしまう。

では、デザインで直接貢献できることは何ができるのだろう…?

その答えの一つが「issue+design」が提案した「できますゼッケン」や

できますゼッケン

できますゼッケン

「JIDA(日本インダストリアルデザイナー協会)」が提案した「緊急物資の類別シール」などではないだろうか。

緊急物資の類別シール

緊急物資の類別シール


「できますゼッケン」は現地でボランティア活動をされる方が被災された方と円滑にコミュニケーションをとる為の支援ツールであり、類別シールはその名の通り支援物資を直感的に類別できるように工夫されている。厳密にいえば、現地ボランティアの方や物資を送る方といった支援する人を支援するツールなので直接貢献とはちがうかもしれないし、けっして格好のよいデザインではないかもしれない。しかし、より現地に必要なデザインであると思う。

 デザイナーだから、何か特別な方法で支援する必要などない。普段仕事でやっているような視覚化によるコミュニケーションをより具体的にすれば良い。いや、もっと重要なことは「何ができるか」と悩むのではなく「行動する」ことだろう。

私も、何かしら行動を続けていきたいと思う。
(文=T.Y)

ドキドキ太もも広告

2011 年 6 月 3 日 金曜日
太ももに広告

太ももに広告

 人がベンチに座って一休み。それだけで、無限に広告が一人歩きする仕組みがニュージーランドにある。服屋のショートパンツのプロモーションだ。

 ベンチに逆像の型の細工がされており、そこに座った太ももの見えている人のみにメッセージが印字される。このプロモーションには無駄がない。人が座りたくてベンチに座り、また歩き出すだけ。仕掛ける側は、ショートパンツの販売促進がしたくてショートパンツをはいている人にしかこの広告を持ち歩かせない仕掛けをつくった。

この広告を見る消費者は、ドキドキしながらもマジマジと女性の太ももを凝視してしまうことに違いない。ユーモアと斬新な発想…改めて広告のおもしろさを知る。

しかし、商品のターゲットは明らかに女性。でも特に熱い視線で広告を見るのは男性の方が圧倒的に多いと予想できます。プロモーションとしての話題性としては十分。では、販促効果としてはどれくらいあったのだろうか?そのあたりが知りたい。
(文=T.N)

驚きの「あ」始まりの「あ」

2011 年 5 月 19 日 木曜日

デザインあ

デザインあ


 NHKが今年4月、デザインをテーマにした子ども向け番組「デザインあ」をスタートした。この「あ」は驚きの「あ!」であり、50音の最初の言葉ということから物事の始まりという意味も込められている。「デザイン的な視点と感性を培う手がかりにする」ことをテーマにしたこの番組はデザインがデザイナーだけに必要なスキルではなく、その考え方、思考の過程が一般的に有益であるという思想に基づいている。

番組は子どもが見てもデザインがわかるよう、できるかぎり、明快な内容になっている。文字やナレーションはほとんど使わず、映像と音楽で伝える。また、子ども番組でありながらキャラクターが登場しないなど、デザインの本質を丁寧に伝えることを重点に置いている。どのコーナーにも明確なメッセージや答えがあるわけではない。親子で見たときにデザインについて話すきっかけが生まれるような内容になっている。デザインを通して世の中の面白さを伝える。ものの見方が深まり、これまで気づかなかったものに気づくという感覚を養う。

この番組が子ども達に「あ!」と新鮮な驚きと発見を与え、物事を考えるひとつのはじまりになってほしいと思った。
(文=K.M)

どこでもローソン登場!!…ただのコンビニですね。

2011 年 5 月 19 日 木曜日

コラボレーション店舗

コラボレーション店舗


 9月3日、川崎市に藤子F不二雄ミュージアムがオープンします。
それに先がけ、川崎市に藤子F不二雄のキャラクターが全面にデザインされたローソンがオープンします。天井には「ドラえもん」壁には「パーマン」、少しマイナーな「もじゃ公」までいますね。あまり知らないキャラクターでもなんだか癒されてしまいます。少し前にも某アニメとコラボレーションした店舗がオープンしていますが、あの時よりも今回のコラボはしっくりときますし何よりも「行ってみたい」という気持ちになります。

 何故そのような気持ちになるのかと言うと、藤子F不二雄の生み出すキャラクター達の魅力にあります。彼らには、そっと隣にいても違和感がないような気にさせてしまう、もしくは隣にいてほしいと思わせるような独特な力を持っています。人気のあるものがコラボレーションする事はよくありますが、これほどしっくりとくるコラボレーションは初めて見る気がします。

アンキパン

アンキパン


ところで、このローソン「アンキパン」は売っていませんか?

(文=E.W)