プロモーション

『ほっぺ』が落ちるとはよくいうけども

2013 年 11 月 29 日 金曜日

熊本県のゆるキャラとして大人気の“くまモン”。
そんなくまモンにまたもや大慌てな出来事が。

「くまモンのほっぺ探しています」

10月30日にくまモンのトレードマークである真っ赤なほっぺを紛失してしまったというのです。くまモンから赤いほっぺをとったら、ただの熊……?
というかもともと熊であるかどうかすらあやしい。

行く先々で集まった多くのくまモンファンの皆さんにむけて、スタッフがビラをくばり、一生懸命「ほっぺ探し」をお願いしています。

トレードマークである“赤いほっぺ”を紛失したとして捜索活動を開始しましたが、無事に赤いほっぺが見つかったとして、熊本県知事の蒲島郁夫とともに11月5日に都内で記者会見を行われました。
くまモンの赤いほっぺはなぜ失くなったのか、蒲島知事の説明によれば、

『熊本県には赤のイメージがあるばかりでなく、馬刺しに代表される赤い色の美味しいものや、美しいものがたくさんあるという。そして、そんな熊本の“ほっぺが落ちる”ほど美味しい赤い食べ物を食べたくまモンが実際に大切なほっぺを落とした、というストーリーを展開することで、『前代未聞の大事件を通して、熊本には大切な“赤”があることを皆さんに伝えたかったのです』

と、“自作自演”であったことを告白。同知事は

『ほっぺを無くしたくまモンのことを心から心配してくださった全国の方々にお礼とお詫びを申し上げます』

とコメントしました。

webサイトで、紛失したほっぺを探している捜索本部に、見つかりましたと一報が入り、トマト畑で、イチゴ畑で、天草で………赤くて美味しいもの・大切なものを熊本県民の方々が満面の笑みで掲げているストーリー仕立てのTHE MOVIEが公開中です。

人気・注目率の高いくまモンのアイデンティティとも言えるほっぺをなくすことから熊本のPRにつなげるという実に見事なイメージ戦略でした。

ただ、本気にしてしまったお子様へのフォローはしっかりしてあげて欲しいですね!
(文=C.N)

公式サイト『赤いけん!ウマいけん!くまもと

自分の顔になるものは紙切れ?ガラス片?!

2012 年 6 月 12 日 火曜日
プレパラート名刺

プレパラート名刺

初めて会う人に渡す名刺。連絡をとるときに見る名刺。
社会人にとって名刺とは自分を記憶してもらうための大切な道具です。企業によっては、とても凝って名刺を作っているところもあります。似顔絵を入れたり、エンボス加工をしたり…。
ですが、たいてい素材は「紙」。
紙以外の素材を使っている名刺はどんなものがあるんでしょう?

今回取り上げるものは、イタリアの広告代理店「EnfantsTerribles」の名刺です。
なんと「プレパラート」が名刺となっているそうです。

「プレパラート」って覚えていますか?
理科の実験に使っていた、厚さ数ミリの透明な板です。
顕微鏡のレンズをを近づけすぎて、「パキッ」と割ってしまった
ことがあるって人もいるでしょう。

誰もが大切に扱うプレパラート……

名刺をもらって保管し、再び出すときも常に慎重に扱わなければ
ならない名刺です。
常に頭の中に印象が残る名刺。自分を記憶してもらうためのもの
としては最高じゃないですか!

ただ……
この名刺、顕微鏡を使わなくては肝心の名前が見えない
という仕様です。これは、宣伝用らしいので「印象に残る」
という点では大成功ですね。

もしよかったら、一度「印象に残る」名刺を
作ってみてはどうですか?

ただし、肉眼で「見える」もので!
(文=K.M)

GIZMODO4月22日「顕微鏡で見ないと見えない名刺」より